にほんのことば

angelstyle.exblog.jp
きれいなことば あたたかいことば やさしいことばをつづっていきます
ブログトップ
きんらんどんす
2008年 08月 11日 |
きんらんどんす の帯締めながら

花嫁御寮は なぜなくのだろう・・・


小さな頃よく聞いた歌でした。

お嫁ちゃまの歌なのに、なぜだかとても哀しいメロディー

そんな風に感じた歌です。


大人になって、自分も結婚式を挙げて

なんとなく、その哀しさ 切なさみたいのが

わかる気がしました。


金襴緞子

あまり、着物を着なくなってしまった今

金襴緞子が一つのモノと思われてる方もみえるかもしれませんね。

実は、金襴緞子は別々のもの

緞子は金襴とともに鎌倉時代に中国から舶来し、

以後南北朝、室町時代を通じて盛んに輸入さていたそうです。

中国渡りの緞子は大変珍重され、掛軸の表具、茶入を保護するための袋、

小袖や袴などに盛んに用いられました。

緞子は朱子織の表の組織と裏の組織の組み合わせで文様を織り出します。

同じ織り方のものに綸子(りんず)がありますが、

予め精練や染色された糸を使って織ったものが緞子。

先染め糸を使う緞子では、たて糸とよこ糸を異なる色にすることで、

色彩的にも文様をわかり易くすることができます。

一方、織り上がったものに精練や染色を施したものが綸子と呼ばれます。


花嫁さんをいっそう際たてる金襴緞子

和装をお召しになるお嫁ちゃまの涙は

なんだか、心の強さを感じます。
c0100339_22545190.jpg

[PR]
by angel-kuu | 2008-08-11 22:55 | |
<< くどく 頁とっぷ かしこまりました >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
渦巻 Skin by Sun&Moon