にほんのことば

angelstyle.exblog.jp
きれいなことば あたたかいことば やさしいことばをつづっていきます
ブログトップ
カテゴリ:さ( 10 )
|
|
2009年 02月 26日 |
添える



この言葉には、たくさんの意味があります

**************************************************

(1)主なもののそばに置く。

(2)補助・支えとなる物・行為などを付け加える。

(3)ある人に別の人を付き添わせる。

(4)なぞらえる。擬する。

(5)身近に寄せる。


***********************************************大辞林


私は、この「添える」という言葉は

とても人に優しい言葉だと、感じます。

女性の細やかさを表しているとも・・・

プレゼントにカードを添えたり

お茶を出すときに、そっと手を添えたり

「人の心」 が 「添える」 という言葉で

表されるのですね・・・



ひとつの動作でも 「心」を添えれば 自然とそんな「動き」が添えられます。

プレゼントを贈る時でも「一言」が添えられると、「気持ち」が、より伝わります。


忙しい時代だからこそ、「添える」ことを、心がけていきたいですね。




 

c0100339_10474910.jpg


こんな素敵なカードセットなら、お礼状も上手に書ける様な気がします。
[PR]
by angel-kuu | 2009-02-26 10:49 | |
2009年 02月 15日 |
先祖


結婚式の仕事に携わるようになり、いつも自分に問いかけていることがあります。

「結婚式ってなんだろう・・・?」
「披露宴ってなんだろう・・・?」




私が思う結婚式 披露宴

それは、

感謝とけじめの時間であり、 
新しい家族の誕生の瞬間




そして、その大切な一日への準備期間は

「命の源」を感じ 考える時間


今の自分があるのも、今のパートナーがあるのも

お互いの親御さんがあり、その祖父母様がいたから・・・


そして・・・

やさしいおじ様 おば様
口うるさい親戚
おもしろいイトコたち

そんな いろんな方々がいたから・・・



この誰一人が欠けていても
今の自分は、いなかったのかもしれない
こんな素敵なパートナーにめぐり合えなかったかもしれない・・・



自分が気づかないだけで

自分が知らなかっただけで

たくさんの愛情と気持ちを届けてくださっていたのです。



新しい家庭を築き始めるその時間

「命の源」
について感じ考えていただきたいと思います。
c0100339_11181138.jpg

[PR]
by angel-kuu | 2009-02-15 11:19 | |
2009年 02月 06日 |
すずやか


さわやかな姿や すがすがしい様子を表すこの言葉

このことばを聞くと、小さな鈴の音を感じます。

その場所が清められるような・・・

心地よい風が、ふ~と頬をなでていくような・・・


そんな感じです。



「美しき方は声まですずやかに」

〈尾崎紅葉・二人女房〉


心の美しい人は、声もすずやかになるそうです。


人の心に、す~っとはいっていける

そんな 鈴やかな声の女性は素敵ですね。


道元禅師・典座(てんぞ)教訓 すずやかに生きる (新仏典シリーズ)

青山 俊董 / 大蔵出版


[PR]
by angel-kuu | 2009-02-06 10:04 | |
2009年 01月 27日 |
新月

陰暦で、月の初めに見える細いお月様

といっても、太陽と月の黄経差が0度となり目に見えない状態で

朔(さく)とも言います。



お月様にまつわることや、太陽にまつわることは

誰もが小さな頃からたくさん聞かされたと思います。

月にまつわる伝説や迷信は沢山ありますが、特に新月に関するものが多いようです。


新月は、新たに月が満ちていく始まり。

新しいことの始まりを予感させる神秘的な月




新月の日、自分の素直な気持ちと向き合って

願い事をしたためると叶う 
 


私もずっと試しています。



願い事は、その人にとってベストタイミングで叶います。

まだ叶わないということは、もう少し準備だったり、何か学びが必要なのか、

もう少し時間が経った方が、はるかに良い結果が得られるからかもしれません。

その人にとって、機が熟していないということなんですね。



自然の力を少し借りて あなたの願い事 叶えてくださいね


[魂の願い]新月のソウルメイキング

ジャン・スピラー / 徳間書店


[PR]
by angel-kuu | 2009-01-27 11:03 | |
2009年 01月 21日 |
塞翁が馬

中国の書物 淮南子・人間訓 に書かれているお話です。

 「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、
 世間(せけん)という意味です。


 『昔、中国の北方の塞近くの村に、占い好きの老人が住んでいました。
 あるとき、この老人の馬が不意に敵陣に逃げ入ってしまったので、
 人々はこれを「不幸なことだ」というと、
 老人は、 「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

 と言いました。

 ところがなんと、その馬が数ヵ月後に、立派な馬を引き連れて戻ってきたのです。
 人々は、大いに祝いました。 
 しかし老人は、「このことが禍(わざわい)にならないとも限らないよ。」と、言ったのです。

 老人には1人息子があり、この子は好んでこの良馬に乗りました。
 
 ところがある日、落馬して足の骨を折ってしまいました。
 人々はこれを「不幸だ」といって嘆いていましたが、老人は平然と 「このことが幸福にならないとも限らないよ」といいました。

 やがて、敵が攻めてきて戦争が始まりました。
 近所の若者たちは戦場で戦い、ほとんど死んでしまいましたが、老人の息子は、
 足が悪かったため戦場にかり出されることなく、父子ともに無事でした。』


このようなお話から、

人生の幸不幸は定まっておらず、
互いに原因になりあって変化してい
んだという教えです。


幸福や不幸は予想のしようがないことのたとえ としてよく使われますね。

一見すると、とてもつらくて厳しい出来事も

月日がたち、自分が成長していくにつれ

「あのことがあったから 今の自分があるのだ・・・」と 思えるようになります。

つらく厳しい出来事にこそ、幸せの種 成長の種

隠れているものですね。
c0100339_14242698.jpg

[PR]
by angel-kuu | 2009-01-21 14:26 | |
2006年 07月 13日 |

氏より育ち

昔の人がよく言った言葉ですね。


どんなに氏が良くても 育ちが良くなければ品がない・・・



育ち はいろんな場面で見られます。

玄関先で脱いだ靴のあと
レストランでご飯を食べるときの食べ方
おめかしをして出かけた先での立ち居振る舞い・・・


昨日 久々に実家の両親と一緒に
スーパー銭湯に行きました。

1歳の娘と2歳の甥と母と一緒に、着替えをして
お風呂に入ろうとしたときです。

脱衣所で一緒だった とっても綺麗なお姉さん。
とてもいい服に身を包み、綺麗にお化粧してました。

私は片手に娘 片手にお風呂セット、
母も片手に甥 片手にお風呂セット。

綺麗なお姉さんの後にお風呂に行こうと思ったら、
目の前で扉を閉められました。後ろ手で。。。。

少しだけ期待していた私の間違い・・・・

甥が一生懸命扉を開けようとしていたら

見た目がいまどきの 茶髪のお姉ちゃんが
甥の目線まで座って一緒に扉を開けてくれました

きっと すてきなご両親に育てられたのですね・・・

とってもうれしくて、ハートが暖かくなりました。



私もそんな風に娘を育てていきたいなぁ






[PR]
by angel-kuu | 2006-07-13 20:47 | |
2006年 07月 04日 |

せいそ  清楚

花嫁さんが綺麗な理由。。。

純白のドレスや 白無垢は 花嫁の純潔を表します。

昔風に言うと

「あなたの(嫁ぎ先)の色に染まります・・・」

そんな気持ちを込めて 白い衣装を身にまとうのです。

清楚は 決して高価な衣装でも 真新しい会場が表すのではなく、



花嫁の人柄 オーラからにじみ出るもの

だから 結婚式を迎えるおよめちゃまは綺麗なんですよ



c0100339_20484263.jpg




この人と一緒に歩いていく 

そんな純真な思いや決意が

すっきりと清らかなオーラを生み出してるんですね



日々の生活に追われてきたこのごろ。。。


あのとき教会で思った思い 決意。。。。


もう一度思い出さないと、、、

清楚感 かなりなくなってきたかも・・・


[PR]
by angel-kuu | 2006-07-04 20:40 | |
2006年 06月 30日 |
すなお

子供の頃から よく言われ続けてる言葉です。
すなおになりなさい・・・。


学校を卒業して、仕事を始めると
わかるような わからないような。。。。

そんな出来事にたくさん出くわします。


「たぶん、、、こうだろう・・・」

そう思って 仕事を進めていくと
後で、大事になったり・・・

皆さんも経験ありませんか?

仕事も 結婚も
それぞれの 文化や風土があります。


家では こうだった

それが 普通だと思い、今まで通りに進めてしまう・・

でも、会社や 嫁ぎ先では やり方が違ってた

特に 育った環境の違うカップルだと結納の時点から 
進め方が違ってきたりするんですね。


我が家の冬の献立

「白菜の味噌煮」

実家では 本当に白菜と 卵だけ。。。
ニンニクをつぶしたのを入れて 土鍋でコトコト

だけど、主人の実家では
にんじんや豚肉 ちくわも入って
お砂糖とみりん お醤油 それから
2回に分けていれる 味噌で味付け・・・・


新しい環境に入ったら、
わかってるつもりの事でも
すなおにきいてみる事が大切なんですよね。

それが 可愛がってもらえる第一歩。。。

わかってるけど なかなか 実行に移せないなぁ
[PR]
by angel-kuu | 2006-06-30 21:21 | |
2006年 06月 22日 |
しあわせ

つぶやくだけで 心が温かくなる言葉ですね。


結婚の相談に見えるお客様は
みんな しあわせ オーラが出てます。


結婚が近いから??

確かにそう

でもね、 きっとハートが充実してるから
何もかも うれしくなって どんなことも
前向きに受け取れるんですよね。

たとえ話によく出てくるのが
コップ半分の水を見て

「もう 半分しかない」 って思うのか
「まだ 半分もある」  って思うのか。。。


「なんで 毎日こんなにいそがしいのっ!!」

じゃなくて・・・

「私を必要としてくれる場所が こんなにあるのね」
そう思わなきゃ。。。

自己満足?
いいんです。 こういう自己満足は。。。


日々の生活の中で


「まだ 半分もある」

そんな風に前向きに物事受け止めたいですね
[PR]
by angel-kuu | 2006-06-22 21:02 | |
2006年 06月 20日 |
彩雲

聞いたことありますか?
彩雲 とは、朝日や夕日などで美しく彩られた雲や、
その雲の動きとともに色も変化して美しく見えるもの。


を指す言葉です。

高いところから見る朝日や夕日 その周辺の景色はとてもきれいですよね。


昨年の初夏に、あるビルの8Fで結婚式 披露宴を行ったお客様が見えました。
けっして イマドキではない会場。
まして ビルの中のレストラン だと
どうしても敬遠されがちなんです。

でもそのお店は 壁一面窓。
そして 夕方からの披露宴。

そう。。。彩雲 
陽が落ちて 空の色合いと 外の景色が
だんだんと変わっていく時間を
ゲストに楽しんで頂いたのです。

お料理と彩雲 彩雲の時間を ゲストに楽しんで頂く。

とっても 素敵なおもてなし だと思いませんか?


仕事と家事 そして 子供。。。
あわただしい毎日

ふと 空を見る時間をもつことも必要ですね

彩雲 が 心に栄養を与えてくれるかもしれません。。。
c0100339_20462282.jpg

[PR]
by angel-kuu | 2006-06-20 20:47 | |
頁とっぷ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
渦巻 Skin by Sun&Moon