にほんのことば

angelstyle.exblog.jp
きれいなことば あたたかいことば やさしいことばをつづっていきます
ブログトップ
カテゴリ:は( 5 )
|
|
2006年 12月 01日 |

本物


バックや時計 洋服等など・・・
世の中には 「ニセモノ」や「コピー商品」が
沢山ありますね。

でもね これって モノだけじゃないんです。

実は 結婚式の業界にも あったりするんです。

お客様に ちゃんと

「私 今 プランナーの勉強中です」
「ヘアメイク見習いです」
「本業は サラリーマンで 週末だけカメラマンです」

そんな風に 正直に言ってくれる 人 いません。。。

大学出て、3ヶ月 ヘアメイクのアシスタントして
その後から いきなり 

「ヘアメイク」として 10万近い値段をつける人

兄弟の結婚式で写真が評判だったと。。。
それだけで HPで 結婚式のカメラマンとして
仕事を取ってる人・・・


同じ業界人としても、一生懸命勉強して苦しい思いをして
今 活躍してる人がいる中で

上に書いたような人たちが 居ることは
とても悲しく 申し訳なくなります。

お客様には その違いがなかなか見えません。
やはり 金額 で判断せざるおえないのです・・・

上記に書いた カメラマンは
自分のHPに掲載している写真は 別の方が撮影した
写真を載せています・・・。

とても 悲しいです。

これから結婚される皆さん

どうか 本物を見る目を 養ってください。

カメラマンも ヘアメイクも プランナーも
いろんな人の作品を見せてもらってください。

沢山見ていくうちに その違いが見えてきます。

娘にも これから 本物に触れさせて
本物を見る目 養っていこう・・・

ブランド物の本物は 買ってあげられないけどね・・・







c0100339_21502180.jpgc0100339_215048.jpg
[PR]
by angel-kuu | 2006-12-01 21:54 | |
2006年 11月 22日 |
へいわ


人間が この世に生まれてから

ずっとずっと 願っている事


そして 最近 私が常に願っている事


自分の小さな頃に比べて へいわ] だな・・・

って 思う事が 少なくなりました。


毎日 毎日 胸を痛める事件が報道され

世界のあちこちで 悲しい出来事が 起きてます。

今までは 「ふぅ〜ん」って
思っていた事も、子供が生まれてからは

幼い頃のへいわな日々が とても幸せだったと思うようになりました。


せめて 自分の心の中だけでも
へいわ
で ありたい・・・

そして 自分の娘にも 心の中は 常にへいわであってほしい

そう思うこのごろです。
[PR]
by angel-kuu | 2006-11-22 21:01 | |
2006年 11月 13日 |
ふところ

その人の心の中や 度量 器を 表す言葉ですね

ふところ の 深い人

大きい人・・・。

男性だけでなく 女性でも そんな 素敵な人は

たくさんいます。
あるがままに 受け入れる事ができる人

その人の 素敵な所も ちょっと 困ったところも
そのままを認められる人

自分のいいところも 悪いトコとも
客観的に見られる人


そんな人も きっと ふところの深い人なんでしょうね


先日 私が女性として とっても大好きな
Hちゃんの結婚式

私より年下なのに とってもふところの大きな 素敵な女性

そして 旦那様になる人も
とってもピュアな すてきな男性です。

こんな素敵な二人にご縁頂いた事を感謝して これからもそんな素敵なお客様に巡り会えることを願いつつ
明日も 温かい一日になるように 心こめて
お仕事して参ります・・・
[PR]
by angel-kuu | 2006-11-13 23:46 | |
2006年 11月 10日 |


その人の人となりを 表す言葉のひとつですね。



上品 下品 品がある 品がない 等など。。。



良くも悪くも 品 という言葉は 色々なことを表します。



小さな頃母親によく言われたのが


「家の格は 作り上げるのに何十年とかかるけど


 品は 自分で作り上げることができる」


と、言われてきました。


裕福でなくても 心構え 生き方 立ち居振る舞い 


品性を表せると・・・。



その母の言葉が やっとわかってきたような気がします。


仕事柄 色々な方にお目にかかり、お金を持っていても


品性を感じない方や 富裕層と呼ばれる方ではないのに


とても 品を感じる方。


でも、本当に お家の格があるお母様は 品格 を感じます。



どんな状態に自分があっても 品性は失いたくないな。。。



そして 自分の娘にも 母からもらった言葉を


伝えていかなければいけないな。。。



そんなことを思ってみました。





[PR]
by angel-kuu | 2006-11-10 22:21 | |
2006年 10月 24日 |
はれ

 おめでたい日をさす 「 はれ」の日

 昔には この はれの日に対して 

 普通の日は 「」と言っていたそうです。

 「はれ」は民俗学などで、「け[=日常」に対する「非日常」を

 表す言葉だそうです。

正月」や「「節句」 そして結婚式ももちろん

 「はれはれ」の祭事です。

昔は、こういったはれ」の日に 丸いもの 白いもの
神棚にお供えしていました。

そう お餅は 神様のお供えをするものだったのです。

雑煮や鏡餅、ひな祭りのひし餅を思い浮かべれば納得がいきますね。

だから 今でも棟上げ式や お嫁さんがお家を出るときに、お持ちを撒く習慣が残っている 土地もあるのですね。

 はれはれの日の 幸せを 周りの皆様にお裾分け・・・。
そんな 気持ちが お餅を撒く習慣になったのでは ないでしょうか・・・


きっと 名古屋の 嫁入り菓子 も お餅撒きが 発展した行事に思います。

しあわせのおすそわけ
どの世界にも どの土地にもあるものです

こんな 素敵な風習 思いは ずっと伝えていきたいですね
[PR]
by angel-kuu | 2006-10-24 22:26 | |
頁とっぷ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
渦巻 Skin by Sun&Moon